夏目友人帳 伍(5期)5話 感想 初めての恋はポエムに残す ネタバレ

Pocket

夏目友人帳 伍(5期) 5話「結んではいけない」感想・目次

  1. 多軌とモサモサ妖怪との初めての出会い
  2. ニャンコ先生の登場に心を乱した多軌「つるふか先生ーーーー」
  3. 無抵抗に捕獲されてるニャンコ先生がかわいい
  4. ウサギ1号:アワユキ(声優:伊東みやこ)
  5. モサモサした妖怪(声優:田中美央)
  6. タキの瞳の破壊力がすごい!モサモサ妖怪の心を鷲掴みに!
  7. 今週のニャンコ先生の見た目は毛糸玉
  8. 多軌透(タキ)のポニーテールが大人っぽくてかわいい
  9. タキのこのシーンがなんか色っぽい
  10. タケミツ(声優:金田アキ)
  11. タイトル「結んではいけない」の意味が切ない
  12. タキの陣を禁術にした人を優しいと言うセリフが切ない
  13. タキへの伝言はなし。夏目への頼みは黒板の文字を内緒にすること
  14. 祖父の禁術はタキの宝物。友人帳は夏目の宝物
  15. 初めての恋はポエムに残す。

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

にゃんこ先生のブサかわいい画像まとめ 222枚

【夏目友人帳】ヒノエや燕、美人&かわいい妖怪10人の画像集

この記事はアニメ:夏目友人帳 伍(5期)5話「結んではいけない」のネタバレを含みます。


 ↑(注)アニメの画像ではありません

夏目友人帳 伍(5期) 5話あらすじ

夏目は、学校の黒板に妖怪が書いたと思われる落書きを見つける。用心する中、多軌が最近、陣を使って家に迷い込んだ妖を助けたという話を聞く。夏目は多軌の陣が、祓い屋の間では禁術であることを伝えようとするが…。

多軌とモサモサ妖怪との初めての出会い

タキとモサモサ妖怪との初対面シーン。怖い妖怪ではなく、ただ家からでられなくなったと知った時の純粋な瞳がきれい。これは魅了されても仕方ない。


もし私の声が聞こえるなら助けてほしい。すまん人の子 脅かす気はない。近道をしようとしたのだがこの屋敷からでられなくなってしまった

おじいちゃんが生前 御札とかいろいろ貼っちゃったから、だから御札や術のことを調べて地図を書いてあげたの

では、ちゃんとでることができたなら証として門の前に花の枝を置いてしらせよう


↑花の枝をひろう笑顔の破壊力ヤバい

ニャンコ先生の登場に心を乱した多軌「つるふか先生ーーーー」

夏目友人帳伍で初めてのタキとニャンコ先生とのご対面。あいかわらずニャンコ先生を見ると心が乱れるようで安心しました。ツルツルしてふかふかしてるからつるふか先生なのか?

おい夏目、この缶詰開けてくれよ


つ、つっつっつ…


つるふか先生ーーーーー!

多軌透(タキ)のかわいいモフモフすりすりシーンまとめ

無抵抗に捕獲されてるニャンコ先生がかわいい

夏目のグーパンくらって元の姿に戻ったニャンコ先生をしっかりと捕獲した多軌透。ニャンコ先生をしっかりと抱くタキと無抵抗に捕獲されてるニャンコ先生、どっちもかわいい

ニャンコ先生のおもしろセリフ&オヤジギャグ集【夏目友人帳 】

ウサギ1号:アワユキ(声優:伊東みやこ)

タキの家に迷い込んだねずみ姿のうさぎの妖怪 名前はアワユキ。声優は伊藤みやこさん

尻尾を見せる姿がかわいい。


私はご覧のとおり旅うさぎ。友人と2人で食っては寝食っては寝の旅をしていたのだ]

えっ?うさぎなのか?ねずみに見えるぞ


アホめ無知め!うさぎかねずみかは尻尾を見ればわかるだろうが!

モサモサした妖怪(声優:田中美央)

古木に住んでいた妖怪。人に切られ次の住処を探すため途中横切ろうとしたタキの家からでられなくなった妖怪。声優は田中美央さん

タキの瞳の破壊力がすごい!モサモサ妖怪の心を鷲掴みに!

純粋で真っ直ぐ見つめるタキを思い出し心を乱すもさもさの妖怪。古木を切られ人間に対しては怒りの思いのほうが強かったと思われる妖怪の心を鷲掴みにするタキの瞳の破壊力がすごい

途中横切ろうとしたこの家からでられなくなったのだ。腹立たしく私の心は荒れたが、不思議な術を使う不思議な小娘だった。震えていたのに助けてほしいと言ったら


初めて人の目を見た


ああそれはとても とても…

今週のニャンコ先生の見た目は毛糸玉

「お餅のお化け」「俵型の猫っぽいもの」に続き今回の見た目は「毛糸玉」でした


ん?なんだあの毛糸玉のような生き物は

なんだと!毛糸玉ではないわ 私は高貴な妖し!おいコラ 無視すんな!

多軌透(タキ)のポニーテールが大人っぽくてかわいい

自分の家の術のせいで妖怪が迷い出られなくなっていることに責任を感じ髪を結び妖怪を探す気満々のタキ。髪を結んだ表情がちょっと大人っぽくなってかわいさが増してるように感じます!


私も手伝う!もとはと言えばこの家にかかってる術のせいだもの」

タキのこのシーンがなんか色っぽい

缶の箱を探すこのシーンがなんか良い!

タケミツ(声優:金田アキ)

タキの家の隠し扉の部屋?に迷い込んでしまったウサギの妖怪。アワユキと友人で共に旅をしていた。声優は金田アキさん。

5話のタイトル「結んではいけない」の意味が切ない

妖怪「よし、ではこれらは私が連れてでよう

夏目「待ってくれ、まだタキが来て…

妖怪「あの娘が来たところでどうせ我らは見えまいよ

夏目「見えてなくても別れ際くらい…

妖怪「見えぬ相手にはいないも同然…


もともと、結ぶだけ無意味な縁なのだ

結ぶこと自体が無理で無意味だと自分に言い聞かせ 結びたいという本当の思いを必死に押さえ込んでいるように感じます。会ってしまえばまた この地を離れる決心が鈍る。だからこそタキがくるのを待たずに早々と出ていこうとしているって感じました。今回のタイトル「結んではいけない」はこういう意味だったんですね、切ない

タキの陣を禁術にした人を優しいと言うセリフが切ない

さきほどちらりと話していた禁術とはあの陣のことか?


禁じたやつは正しいな、禁じたやつは優しいのだな


だって私はあの陣に入り初めて人の瞳を見てしまってから


あの子の目を見てしまってからは


なぜか無性にこの地を離れがたく


しかし、この地に残っても妙な寂しさは募るばかりで…

ずっと古木に住んでいた妖怪。初めて見た人の瞳が震えながら怯えながらも誰かの役に立ちたいと思うタキの純粋な真っ直ぐな瞳だったからこそモサモサの妖怪を魅了してしまったんでしょうね、こんな寂しい気持ちにならないようにタキの陣を禁術にした人を優しいと言うセリフが切ない。

タキへの伝言はなし。夏目への頼みは黒板の文字を内緒にすること

待ってくれ、せめて伝言は?タキに伝えておくことは?


おまえに頼みがある。伝える気はなかったがあまりに気持ちが溢れるので書きなぐってしまった。もしおまえがあれを読めてしまうことがあっても…どうかあれだけは…どうか内緒にしてくれ

祖父の禁術はタキの宝物。友人帳は夏目の宝物

そうか、よかった。じゃあウサギさんたちはちゃんと出られたのね陣に現れたあの妖しも手伝ってくれたなんて


ありがとう、夏目君。危険なものであるとしてもおじいちゃんの陣は私の宝物だわ



ああ、そうだな

夏目の「ああ、そうだな」にはタキの陣と夏目の祖母、レイコさんが残してくれた友人帳がシンクロしてるなって感じました

タキは… タキは友人帳を宝物だと言ってくれた それだけで充分だ  祖母の思い出をよく言ってくれた人は初めてだったんだ すごい嬉しかった
↑続夏目友人帳 第7話のこのセリフを思い出しました

初めての恋はポエムに残す。

初めての感情に気持ちが溢れてしまったモサモサの妖怪が黒板に書いた字がまさにポエム。切なくてロマンチック

迷った私を助けてくれた 連れていきたい 叶うならば


美しき山を


美しき谷を


共に見たいと思ってしまった


この気持ちを人はなんと呼ぶのだろうか

 

今回も少女妖怪のように一度の触れ合いに胸を焦がす純粋な妖怪の素晴らしいお話。少女妖怪の話に続きこのお話も涙がぁぁ

夏目友人帳 伍(5期) 5話「結んではいけない」原作は16巻

今回のお話は原作の16巻64、65話「結んではいけないの章」だと思われます

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*