灰と幻想のグリムガル 9話 感想 露出先生との密着修行でハルヒロ昇天!?

Pocket

バルバラ先生の教訓

灰と幻想のグリムガル 9話「休暇の過ごし方」見ました!

今回、個人的に印象に残ったのこの4つ!

 

  1. 遠くを見つめて「うん・・・」シホルの一言が切ない
  2. 挿入歌「sun will rise」の心地よさがはんぱない!
  3. 過去を乗り越えるためにサイリン鉱山に行く事を決意したメリーの言葉が心に響く
  4. バルバラ先生との密着修行がヤバい!

 

1個づつ取り上げて感想書きたいと思います。

 

この記事は灰と幻想のグリムガル 9話「休暇の過ごし方」のネタバレを含みます。

まだ見てない方はアニメを見てから記事を読む事をオススメします。


 ↑レムの抱き枕、こんなに高いのに売れてるらしい...

挿入歌「sun will rise」の心地よさがはんぱない!

灰と幻想のグリムガルって

アニメの挿入歌がすごくフィットしてるって思う。

チョイスがすごくよくて

今回はタイトルにあるように「休暇」っていうキーワードに

めっちゃフィットしてる思いました。

 

この挿入歌はクリエイティブユニット (K)NoW_NAMEが手がける

「sun will rise」っていう曲です。

休みの朝にこんな音楽が流れてたらなんて心地いいんだろう

そんな風に感じました。

遠くを見つめて「うん・・・」シホルの一言が切ない

休暇の朝、鳥に餌をあげてるしほるをハルヒロが発見

「鳥、好きだっけ?」とハルヒロが聞くと

「習慣で。なんとなく」

ってシホルが答える。

その後にハルヒロが

「ここからさ、みんなで夕日見た事あったよね」

少し間があいてシホルが「うん・・・」って一言。

 

シホル「うん・・・」

この時のシホルの「うん・・・」がめっちゃ切ない

この時にシホルの心の中にはマナトの姿がでてきてる

マナトと一緒に夕日を見た風景が思い浮かんでる

鳥の餌をあげる事もマナトがやってた事

シホルの心の中はまだマナトでいっぱいなのかな

それでも一生懸命前に進もうとしてる姿はめっちゃ好感がもてる

過去を乗り越えるためにサイリン鉱山に行く事を決意したメリーの言葉が心に響く

キッカワからダムローでゴブリンが殺気だってるって聞いて

狩場を変えようかっていう話になる。そこでハルヒロが一言

「サイリン鉱山」

それを聞いたメリーはハルヒロと目をあわせなくなり様子が急変し耐えられなくなって席を外す

席を外したメリーをハルヒロが追う

そこでメリーがハルヒロに明かした胸の内が心に響く

 

ハルヒロが「俺はサイリン鉱山に行きたいかなって」って行った時

なんて無神経なやつだ!って思った。

メリーが仲間達をなくした現場に行きたいなんて

ハルヒロはなに考えてるんだって

 

でもメリーは前に進むためにも

過去を乗り越えるためにもサイリン鉱山に行く事を決意する。

 

その時のメリーの素直な言葉がめっちゃ心に響いた

メリーの胸の内の素直な言葉

サイリン鉱山では、私はいい気持ちにはなれない・・・と思う

今も、多分これから先もずっと

だけど乗り越えないといけないから、ちがう、乗り越えたいの

そうしないと前に進めない気がして、だけど

私一人じゃきっと乗り越えられない

誰かの力を借りるならあなたたちがいい

あなたたちと行けたらうれしい

私を仲間だって言ってくれたから

迷惑かもしれないけど

 

最初出会った時とは考えられないほど素直な言葉。

あんなにツンツンしてた子にこんなに素直に胸の内を明かされたら

ハルヒロ惚れちゃうんじゃない!?

 

バルバラ先生との密着修行がヤバい!

ハルヒロがスキル習得のため、盗賊の師匠、バルバラ先生のところに行って修行するんだけど

ハルヒロは先生にボッコボコにされて動けなくなる。

その後先生がハルヒロに乗りかかって追い討ちをかけるんだけど

はたから見てると

「ぶら下がってるものが固くなったら負けゲーム」

にしか見えない

バルバラ先生の密着修行

詳しくはアニメでもう1回見てください!

 

灰と幻想のグリムガル 9話「休暇の過ごし方」 感想

サイリン鉱山に行く前の休憩回って感じかな

けなげなシホルにキュンキュンして、メリーの言葉にウルウルきて

バルバラ先生の密着授業にハラハラして

休憩回でもお腹いっぱいです!

 

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆうか より:

    ナオトではなく、
    マナトではないでしょうか?

    1. emotionalanime より:

      ナオト3連発やっちゃってますね。恥ずかしいです。ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

*