リゼロ 17話 感想 怪物の正体は大精霊パック!次週暴走が始まる?ネタバレ

Pocket

Re:ゼロから始める異世界生活17話「醜態の果てに」見たので感想書きます。

個人的に印象に残ったのはこの11個

  1. レムのセリフが深くて悲しい「ずっとスバル君の後ろで見守っています」
  2. レムが白鯨に食われた瞬間のオットーのセリフの変化
  3. 「しにたくない」連発!ナツキスバルの醜態
  4. ラム久々登場!あいかわらず毒舌
  5. 白鯨の能力は存在だけでなく生きていた痕跡まで消える?
  6. スバルの強引&苦しそうな説得にエミリア困惑
  7. しに戻りの定義変更?エミリアが犠牲に!なぜ?
  8. ベアトリスのセリフが意味深「おまえは何もわかってないのよ。」
  9. 菜月昴は勤勉。エミリアは怠惰
  10. ナツキスバルの能力。ペテルギウスの見えざる手が見える
  11. 怪物の正体は大精霊パック!流星の如く現れる

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

リゼロ新OP MYTH&ROID 1週間で10万再生突破!「Paradisus-Paradoxum」

Re:ゼロから始める異世界生活、死に戻り回数、軌跡まとめ

この記事はRe:ゼロから始める異世界生活17話「醜態の果てに」のネタバレを含みます。


 ↑レムの抱き枕、こんなに高いのに売れてるらしい...

レムのセリフが深くて悲しい「ずっとスバル君の後ろで見守っています」


スバル君、レムは頭が悪いからこんな案しか思いつきません。どうか


レムは今、この時のために生まれてきたんですね


大丈夫です。レムはずっとスバル君の後ろで見守っていますから

スバルを救うため、生きてもらうため一人白鯨と闘う事を決めたレム。

「後ろで見守っていますから」ってしを覚悟しているセリフだと思う。

しんでからも見守り続けるって聞こえました。

レムが白鯨に食われた瞬間のオットーのセリフの変化


白鯨がどれだけ恐ろしいかまだわからないんですか!ルグニカ王国が編成した討伐隊

大征伐の時ですら先代剣聖がころされたような化物ですよ、勝てるはずがない

僕は弱く、あなたも弱い。だから僕らはあの女の子を助けられない


今は幸いにも逃げ切ったはずですが霧をぬけるまではいつどこで出くわすかわかりません

オットー!言い方に気をつけろよ!幸いにもだと!冗談じゃねえ、レムがどんな気持で俺たちを


レムって誰の事です?

レムが白鯨に食われついさっきまで危機迫っていたオットーの表情と会話の内容がすっ飛んだ

白鯨に食われる?と先週のバンダナのおっさんのように存在そのものが消されてしまうようです。

「しにたくない」連発!ナツキスバルの醜態


しにたくないしにたくないしにたくない やだ やだー


助けてレム やだーしにたくない

17話のタイトルどおりナツキスバルの醜態が炸裂

何度もしんでいる男のセリフではないと思うが…

ちょっとだけ「逃げちゃダメだ」とシンクロする。

この後なぜか霧が晴れる。偶然なのかもしれないが本気でスバルがしにたくないって思うと

なんか能力発動とかするのかな?

ラム久々登場!あいかわらず核心に触れる毒舌


なにを気安く触っているのバルス。数日ぶりにラムと会えたのが嬉しいのはわかるけども

そうして本能のまま飛びかからないで。いやらしい

王都でエミリア様とバルスの間に何があったのかラムは聞いてないわ。興味がない。

今の反応をみればどうせバルスがろくでもない事をしたんでしょう?


相応の評価だと思うけど、核心に踏み込むのが怖くて少しでも先延ばしにしようとしているヘタレにはぴったりだわ

ラムの久々の毒舌、なんか懐かしい。

白鯨の能力は存在だけでなく生きていた痕跡まで消える?

白鯨に食われてしまった?レムの部屋にレムの私物が何も残っていない。

存在事態消滅させられるだけでも相当ヤバイのに生きてきた痕跡まで消されるようだ

白鯨の能力やばすぎる。白鯨の能力の効果が適用されない菜月昴は一体何者?

先代剣聖は白鯨にころされたってオットーがいってたけど

先代剣聖の存在が残っているのはどうしてだろう?

スバルの強引&苦しそうな説得にエミリア困惑

嫌がるなら無理矢理にでも連れていく。何日かすれば嫌でも俺が正しいんだって事がわかるさ!だから

まって、まってよスバル。スバルはそんなんじゃなかったじゃない。私はスバルを…なのに」

いいからだまって俺の言う事聞けよ!

ここにいたらダメなんだ!おまえは後悔する!絶対にする!誰も救われない。

俺はもう苦しみたくないし泣きたくなんてないんだよ。俺の言うとおりにしてればいいんだよ!

そうすれば上手くいくんだ、そうなんだ なんで誰もわかってくれねえんだよ


ごめんね、スバルが何を言ってるのか私にはわからない、わかってあげたいの。

だけど今はそうしてあげられる時間がないかもしれなくて、やらなくちゃいけない事、

たくさんあるの。だから今は…


うまくいかない、おまえはダメだ失敗する。やれるわけがない、全然ダメだ、

口ばっかりだ救えない救われない 無茶と無謀を積み重ねて 重ねた無理と同じ数だけ

したいの山を見る事になる。それがおまえの未来だ


どうして?どうして…スバルはそんな苦しそうに泣いているの?

スバルが苦しみながらエミリアを説得する姿が痛々しい…

エミリアはスバルにけっこうひどい事言われてるのに苦しそうに泣いているスバルを心配している。

自分もスバルにひどい事言ってしまったって罪悪感もあると思うがこれだけひどい事言われても

苦しそうなスバルを心配してくれるエミリアは優しいと思う。

しに戻りの定義変更?エミリアが犠牲に!なぜ?

いっそ全部話してやる。このままおまえらがレムの事を忘れるなら何もかもさらけだして

血反吐吐いたほうがマシだ

エミリア。俺はシに戻りして

いつもならスバルの心臓がダメージを受けるはずなのにエミリアが犠牲に

以前エミリアにしに戻りの事を話そうとした時はスバルの心臓にダメージを受けていたと思う。

前回と今回と何がちがうのだろう?シに戻りの事を話したスバルがダメージを受ける

っていう定義が変更されてこれからはシに戻りの能力について聞いた人が犠牲になるのだろうか?

もしそうならペテルギウスにシに戻りの事を教えてあげよう!

ベアトリスのセリフが意味深「おまえは何もわかってないのよ。」

まるで世界で一番不幸だとでも言いたげな顔なのよ


ニーチャはでてこれないかしら


心配しなくてもニーチャはしんだりしないかしら。一度本体に戻されてしまっただけなのよ

何か言いたい事はあるかしら?

ここでころしてくれ

ベティにおまえをころせだなんて、そんなの残酷すぎるかしら


何もわかってない おまえは何もわかってないのよ。おまえの願い事なんて何ひとつ聞いてやらないかしら

しにたいならしにたいで勝手にしねばいいのよ。ベティは願い下げかしら

どうせ何もかもダメだけどおまえにここにいられたら困るのよ

せめてこの屋敷だけは守らせてもらうかしら。ベティはロズワールとはちがうのよ。

たとえ未来を得るためでも痛いのも苦しいのも恐ろしいのもすべて嫌になったかしら


せめてベティの見えないところでしんでしまえないいのかしら

スバルがいると激おこのパックがきて屋敷を破壊してしまうので

屋敷を守るためにスバルを別の場所に移動させるっぽい。

「何もわかってない」「ロズワールとはちがう」ベアトリスのセリフが意味深。

エミリアがしんでしまった理由をなぜ聞かないのだろう?

しにもどりの事はさすがに知らないと思うがベアトリスは何か重要な事を知っていそう。

「せめてベティの見えないところで…」のベアトリスの悲しい表情が印象的でした。

菜月昴は勤勉。エミリアは怠惰


おやおやおや、その胸に抱いていらっしゃるのはひょっとして半魔の娘ではありませんですかね~

あなたはなんと勤勉なる事か!我々が動くよりも前に半魔の命を試練にかけて奪ってくれているとは


ええそうです!きん~べん!素晴らしいです。それにしても試練ひとつすら乗り越えられず

あまつさえ大罪のひとつすら向き合えず大望を抱いたあげく最初の石ころにつまづいて終わるとは…

ああ、あなた


怠惰ですね~

ナツキスバルの能力。ペテルギウスの見えざる手が見える


あなた今、見えざる手を見ていませんですか?ダメです…ダメなんです…

おかしい、間違っている!誤っている!あやまたっているぅ

私の権能わぁぁ怠惰の権能わぁぁ寵愛によって授けられし私の見えざる手ぇぇ


他の誰かが目にする事などぉぉ


許されないのですぅぅ

ペテルギウスが極度のストレスを受けると指がつぶれるほど強く噛み砕くようだ。あいかわらず行動が異常だ…

菜月昴にはなぜかペテルギウスの見えざる手が見える。見えたからといって手が多すぎるから

対処できない可能性もあるのでなんともいえないところだが他の誰かが闘っている時のサブとして

この能力は役にはたちそう。

怪物の正体は大精霊パック!流星の如く現れる


何をしている?僕の娘に何をしている下郎ども

あんなにかわいかったパックが激おこ。屋敷の氷漬けの部屋での「遅すぎたんだよ」

と屋敷で「眠れ、わが娘とともに」って言ってたでかい怪物はパックだったって事ですね。

大精霊パックが切れるとその辺一体を氷漬けにしてしまう!?

白鯨からはなんとか生き残ったスバルですが次週は激おこのパックの暴走によってシに戻りする?

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*