ジョジョ 4部 9話 感想 由花子の汚い言葉と名言が能登ヴォイスで放たれる ネタバレ

Pocket

蛇に睨まれたカエル ジョジョ

ジョジョの奇妙な冒険4部 ダイヤモンドは砕けない9話「山岸由花子は恋をする その2」見ました。

個人的に印象に残ったのはこの7つ

  1. 恐ろしいエスパー山岸由花子
  2. 精神力SS エコーズ(act1)が効かない
  3. エコーズact2登場!生まれたてのセルからセルジュニアへ
  4. チビナレフ誕生!だけど頭皮に由花子の髪が刺さってると思うのだが
  5. 服に「ドグオン」康一君は吹っ飛ばないんだ
  6. 山岸由花子(CV:能登麻美子)の汚い言葉と名言まとめ
  7. 杜王町に2つめの名所誕生

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

この記事はジョジョの奇妙な冒険4部 ダイヤモンドは砕けない9話「山岸由花子は恋をする その2」のネタバレを含みます。


 ↑(注)アニメの画像ではありません

恐ろしいエスパー山岸由花子

山岸由花子はエスパーだった

でもね康一君。あなた自分で人間として最低と言っておきながら

その瞳の奥にキラリと光る、なんていうか爽やかなものが私には見えるの…。

何か…「切り札を持ってるぞ」って感じなのよねえ………。

わたしはあなたのそこが気に入ってるのよ。

それが何なのか見てみたいわ…。

全てお見通しのエスパー並みの洞察力の由花子様恐ろしい!

精神力SS エコーズ(act1)が効かない

エコーズが効かない

音による精神攻撃が効かない!精神力SSの恐ろしい女、山岸由花子

エコーズact2登場!生まれたてのセルからセルジュニアへ

セルジュニア エコーズact2

音による精神攻撃だけでなく書かれた文字に触れた人や物に対しての

物理攻撃や形状変化が可能になったエコーズact2

めっちゃ応用力が効きそうでどう考えても強い。

なんといっても文字を相手が認識していなくても効果がある

っていうところがすごく利便性があると思う。

射程距離が長いのでトラップしかけ放題だなあ

チビナレフ誕生!だけど頭皮に由花子の髪が刺さってると思うのだが

チビナレフ ジョジョ

髪の毛がポルナレフみたいになった康一君

だけど由花子の髪は頭皮に刺さっているわけだから

上のほうをちょいちょい切っただけでは

能力解除の条件にはならないと思うのだが

能力解除されてるようです。

っていう細かい事気にしてみました。

服に「ドグオン」康一君は吹っ飛ばないんだ

服にドグオントラップをしかけていた康一君

ドグオントラップ ジョジョ

これに触れた由花子は吹っ飛んでいったんだけど

康一君自体もドグオンに触れていると思うんだが・・・

この方法がありなのであれば相当強い防御系スキルだと言える。

闘う時は身につけている衣服に

常に「ドグオン」系の文字を身に付けて闘えば

相手は触れる事さえできない。

相手との相性によってはめちゃ強いね!

山岸由花子(CV:能登麻美子)の汚い言葉と名言まとめ

「愛している人のものなら誰だって

ウンコだろうが鼻汁だろうが平気でしょう?

気にするのは変だわ!

 

山岸由花子の名言
あたしたちこの世でたった一本の赤い糸

で結ばれていたことがやっとわかったのよ

一生みつけられない人もいる!

この素晴らしさがまだわからないの?

 

左まぶたが痙攣してきたわ…

由花子って、子供の頃から興奮すると、

眼輪筋がピグピグいって、ちょっと暴力的な気分になるのよね。

 

あんたは私のもの 由花子 ジョジョ
あんたは私の物なのよ。私の物なのに逆らうの?

私の物なのにぃぃぃ!!!!

由花子「しょんべんちびりがあああ」
よぐもぉ このお ションベンちびりがぁぁぁぁぁ!

よぐもォ あだじにごんなごどをおおおっ!

あだしの大切な髪の毛がまっ白になってるわッ!

このヘナチン野郎がああー!

このションベンたれのチ○ポコひっこぬいて、

そこから内臓ブチまけてやるわッ

 

能登麻美子さん、

癒し系ボイスっていう印象だったのに・・・崩れていく・・・

ボヨヨン岬 杜王町に2つめの名所誕生

杜王町に2つめの名所が

ボヨヨン岬

自殺しかた若い女を岬の岩が優しくボヨヨンと弾き飛ばしたのを

漁師が見かけた。そんな噂話から広まったという

ジョジョの奇妙な冒険 4部 9話「山岸由花子は恋をする その2」感想

驚異的な精神力とジャイアン並の自己中さ、エスパー並の洞察力をもつ

恐ろしいスタンド使い、山岸由花子

康一君がスタンド能力もっていなかったらと考えると

ゾッとします。

 

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*