リゼロ 7話 感想 ベアがスバルを守るのは真相を知っているから?ネタバレ

Pocket

リゼロ 探しに来てくれたベアトリス

Re:ゼロから始める異世界生活7話「ナツキ・スバルのリスタート」見ました。

原作は読んでいません。

個人的に印象に残ったのはこの6つ

  1. ナツキスバルの心をへし折ったレムの一言
  2. 死に戻りの事を話す事は許されない?
  3. 魔女の匂いはいつついた?
  4. 衰弱死の呪術の真相は?
  5. それでもスバルを信じてみる
  6. ベアトリスがスバルを守るのは真相を知っている?

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

Re:ゼロから始める異世界生活、死に戻り回数、軌跡まとめ

この記事はRe:ゼロから始める異世界生活7話「ナツキ・スバルのリスタート」のネタバレを含みます。


 ↑レムの抱き枕が高すぎるwww

ナツキスバルの心をへし折ったレムの一言

リゼロ へし折られる心

「あなたは魔女教の関係者ですか?

そんなに魔女の匂いを漂わせて無関係だなんて白々しいにも限度がありますよ

姉さまがあなたと会話しているのを見ている時

レムは不安と怒りでどうにかなってしまいそうでした。

姉さまをあんな目にあわせた元凶が、その関係者が

のうのうとレムと姉さまの大事な居場所に、もう耐えられないんです。

姉さまが世話をするのを装ってあなたと親しげに振舞っていると知っていても!」

これを聞いたスバルは

「野菜の皮、むくとき時に手切らなくなったよ

読み書き、簡単なやつだけどできるようになったんだ」

約束守って勉強してた童話読めたんだぜ!お前たちのおかげで

お前たちが俺にくれたものの話だよ。」

このスバルのセリフからレムとラムが大好きだった事が

ものすごく伝わってきました。それと同時に見ていて苦しくなりました。

相変わらず肉体的にも精神的にも主人公に厳しいアニメ。

ただ、魔女の関係者だと疑われていたという事と

過去にラムが魔女に何かされているという事があきらかになりました。

リゼロのEDテーマの歌詞

「芽生えた思いまでねぇ、こんなにもあっけなく消えてまうの?

君を砕くこの悲しみがいつか終わりますように」

今回、この歌詞がものすごくはまってるって感じました。

死に戻りの事を話す事は許されない?

リゼロ 死に戻りの呪い

主人公のしにもどる力、これは能力だと思っていましたが

話してはいけないという事は呪いという事でしょうか?

だとしたら嫉妬の魔女の呪い?

魔女の匂いはいつついた?

3日目の朝、

「ツラが辛気臭くなっただけじゃなく随分濃くなっているのかしら」

ベアトリスに言われています。

濃くなっているという事はロズワール邸にきた時には

すでに魔女の匂いがついていたという事?

もしや異世界召喚自体が嫉妬の魔女によるもの?

衰弱死の呪術の真相は?

衰弱死の呪術は犬に噛まれた事によるものと思っていたのですが

どうやらちがうようです。

スバルにもともとかかっていたという事でしょうか?

だとしたら契約した事により

ベアトリスが解除してくれたんでしょうか?

それともレムがスバルに呪術をかけたが

ベアトリスによって跳ね返された?

真相は謎ですがもし遠隔でこんな呪術がかけれるんだとしたら

安心して異世界生活できないですね

それでもスバルを信じてみる

リゼロ エミリア「それでもスバルを信じてみる」

「ごめんねラム、私はそれでもスバルを信じてみる」

この一言、めっちゃ救われますね

今は困惑しすぎてて頭の中にはいってきてないと思われますが

死に戻ってからこのセリフ思い出して

生きる勇気につながる一言になってくるんじゃないかなあ

ベアトリスがスバルを守るのは真相を知っている?

リゼロ ラムの本気

5日目の朝までスバルを守る契約をしたベアトリス。

契約の期限が切れても守りにきたベアトリス。

屋敷の人間と敵対してまで契約期限が切れたスバルを守る

理由も義理もないと思います。

4日目の夜にスバルを禁書庫に移しているのも

何か理由があるような感じがしますし

なんらかの真相を知っている可能性が高いと思います。

契約期限切れの自分をなぜ守ったのか聞く事ができれば

真相に近づく事ができたかもしれませんが・・・

次週におあずけですね

Re:ゼロから始める異世界生活7話「ナツキ・スバルのリスタート」感想

主人公がしょうもないセリフをはく暇もないほどのシリアス回でした。

主人公と嫉妬の魔女の関係がものすごく気になります。

あとベアトリスめっちゃかっこよかった。

 

Pocket



↑丈が短すぎる体操服www
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください