ジョジョ 4部 33話 感想 卑怯な相手は物と一体化させるスタイル ネタバレ

Pocket

ジョジョ 4部 33話 感想 目次

  1. 設計士を落とし穴にはめる!岸部露伴が大人気ない
  2. 乙(きのと)は矢で射抜かれていた!チープトリックは他人に寄生する!
  3. エニグマのスタンド能力 恐怖した相手を紙に閉じ込める
  4. 噴上裕也が「ハァグ」しちゃうほどの東方仗助のかっこいいセリフ
  5. エニグマの能力は無生物なら無条件で紙にできる?
  6. 紙にされてからの噴上裕也がかっこいい!!
  7. 噴上裕也の捨て台詞がかっこいい「喜んで紙になる…ZE」
  8. 広瀬康一のグレ顔がなんか変w
  9. 卑怯な相手は物と一体化させるスタイル!

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

東方仗助(声優:小野友樹)の名言やかっこいいセリフまとめ

この記事はアニメ:ジョジョの奇妙な冒険4部 ダイヤモンドは砕けない33話「7月15日(木) その3」のネタバレを含みます。


 ↑(注)アニメの画像ではありません

設計士を落とし穴にはめる!岸部露伴が大人気ない

どうしても設計士 乙雅三(きのとまさぞう)の背中が見たくなっちゃった露伴が乙を落とし穴にはめる!大人気なさすぎる笑


終わりだよ…私はもう終わったんだ…


なにかわからないが他人に見られたら終わりっていう恐怖だけがあるんだよーーーー

乙(きのと)は矢で射抜かれていた!チープトリックは他人に寄生する!


露伴の背中につきまい「写真を燃やせ」と言ってくる変なスタンドは乙(きのと)が矢で射抜かれて出現したスタンド「チープトリック」

エコーズアクト3のように意志を持ったスタンド。寄生した本体が背中を見られると背中を見た人間に乗り移る。本体がしんだとしても消滅せず他人に乗り移る。それまで寄生していた人間は死んでしまう!?

寄生された場合、寄生された本人のスタンドとなりチープトリックへの攻撃は本人に跳ね返る

寄生されちゃった露伴先生ピンチだ!

エニグマのスタンド能力 恐怖した相手を紙に閉じ込める


恐怖のサインをだした時に宮本輝之輔のスタンド「エニグマ」が発動し相手を紙に閉じ込めることができる能力。発動したエニグマはクレイジーダイヤモンドのパワーをもってしても抗うことができないほどの強制力をもつ

噴上裕也が「ハァグ」しちゃうほどの東方仗助のかっこいいセリフ

噴上裕也がハァグってなって感化されちゃうほどの東方仗助の男気溢れるかっこいいセリフをピック!

すっごくかっこいいのだが「助けにいかねえ訳にはいかねえだろ!」の作画がなんかキラキラで少女漫画みたいになってるような感じがして笑えてしまった

そこの紙はよお、たぶん康一が捕らわれている紙じゃねえ。名前だけ広瀬康一と書いた、ただの囮だってことはわかっていたさ。なぜならおめえは康一を人質をとっているからこそ安心して俺の前に正体をさらけ出したし生きてるからこそこの俺に脅しをかけられるんだ。その紙は罠だ それはわかっていたんだ そおなんだよなあ


しかしよお それでもなぜその紙を助けようとしたのか ひょっとしたら康一かもしれないと思ったら、万が一でも康一だっていう可能性が1%でもあるのなら


助けにいかねえ訳にはいかねえだろ!


ハァグ

エニグマの能力は無生物なら無条件で紙にできる?

仗助のかっこいい行動に感化されハイウェイスターでエニグマを追跡開始した噴上裕也!タクシーに追いつきエニグマの紙トラップを突破していく。最終紙トラップはなんとシュレッダートラップ!エニグマの能力って無生物なら無条件で紙にできるんだね。めっちゃ便利!


シュレッダーに吸い込まれていく康一と仗助。ハイウェイスターのパワーではシュレッダーを破壊することができず恐怖のサインをだして紙にされてしまう噴上裕也

紙にされてからの噴上裕也がかっこいい!!

紙になって薄くなったことを利用しハイウェイスターをシュレッダーのなかにもぐりこませ仗助と康一の紙を引きずりだす。紙にされてからの噴上裕也がかっこよすぎる!


簡単?だからこそいいんだぜ、瞬間的に紙にしてくれるからこそ!


いいんだぜ!


俺の負けだ、マジでびびったよ だが、喜んで敗北するよ。ペラッペラの紙になったんでシュレッダーの中に紙を突っ込められたからなあ!

噴上裕也の捨て台詞がかっこいい「喜んで紙になる…ZE」

紙になる…ZE」かっこいいぜ噴上裕也!


俺は喜んで、紙になる…ぜ

広瀬康一のグレ顔がなんか変w


グレてるヤンキー顔?なのかなんなのかよくわからないが康一君の顔変だと思う笑

卑怯な相手は物と一体化させるスタイル!

人質とって精神攻撃してくる卑怯な相手には仗助は絶対に容赦しない!

エニグマをドラドラドラして本と一体化!

超ムカつく相手には相手は物と一体化させ再起不能にするスタイルのようだ。

エニグマの少年、宮本輝之輔。本になったので再起不能。本の内容は仗助は読んでいないが杜王町立図書館に寄付。エニグマのタイトルを会員に言うと持ってきてくれる。貸出し禁止。この本を読んでいる時、たま~に声が聞こえるような気がする

アンジェロ岩のように杜王町の名物のひとつとなりました!

 

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*