ドリフターズ(DRIFTERS)5話 感想 こん城のやつらは糞じゃ!ネタバレ

Pocket

ドリフターズ(DRIFTERS) 5話 感想・目次

  1. 農兵でも三間半槍を持てば武者たおす
  2. 明智光秀の落人狩りに歓喜!伏見の農民100万年無税
  3. 豊久の持論が深い 魂の宿る場所
  4. 今週のオルミールのあだ名「おるみーおっ○い」
  5. 与一が負けず嫌いモード発動「矢がもったいないですからやめてーーーー」
  6. 人を戦にかりたて、士気を高める豊久の言葉が心に響く
  7. 臭すぎる戦場。ついた糞は洗えません!
  8. 豊久の猿狂雄叫び「オオオオォォォォ」
  9. 絶好の時に大将首をとる豊久がかっこよすぎる
  10. 信長たちの糞作戦を見て義経のことを思い出した与一
  11. 信長の声のトーンと表情のギャップがありすぎる「火薬として転生させてやるゆえ」
  12. 豊久がブチ切れ「こん城のやつらは糞じゃ!」

1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。

ドリフターズ(DRIFTERS)キャラクター詳細と声優、エンズ(廃棄物)の能力まとめ

この記事はアニメ:ドリフターズ(DRIFTERS)5話「愛をとりもどせ」のネタバレを含みます。


 ↑(注)アニメの画像ではありません

農兵でも三間半槍を持てば武者たおす

リーチが長い分恐怖薄れる槍が欲しいという信長。なるほど、たしかに戦慣れしてない人にとっては剣より槍のほうがよさそう。勉強になりました


剣はともかく、槍が欲しいとところだな。槍の長さは恐怖を薄れさせる。農兵でも三間半槍を持てば武者をころすわ

明智光秀の落人狩りに歓喜!伏見の農民100万年無税

明智光秀が落人狩りにあって死んだという豊久からの報告に明智をきんかん頭扱いし100万年無税宣言して喜ぶ信長。

知らんだろうけど明智光秀、農民の落人狩りで死んだぞ


ん?まじか!ざまあきんかん頭!ざまあ、偉いぞ 伏見の農民100万年無税!

豊久の持論が深い 魂の宿る場所

糞と胴体を見たオルミールの「ひどすぎる」発言に対する魂の宿る場所を考える豊久の持論が深い。それにしても戦中に敵の首を洗い整えて供養してあげてたとは驚きです。

ひどいことなのかもしれないが首を供養してあげたのであれば胴体を火薬の原料にするのはまあ許せるかなと思った


首は洗い整えて埋めてやった。人として供養してやった。こちらに手を合わせればよか 糞小便が汚なかと思うならおいもおまんも腹ば着れば中は糞の詰まった肉袋ぞ。手をあわせ弔った首にではなく糞ば詰まった肉に人の魂は宿るのか?理りばあわなかではなか

今週のオルミールのあだ名「おるみーおっ○い」

今週のオルミールのあだなは「おいおるみーおっ○い」散々間違える信長についに呆れたオルミール


おいおるみーおっ○い

なぜ最後の一文字で間違える もはや怒る気すらしない

与一が負けず嫌いモード発動「矢がもったいないですからやめてーーーー」

エルフたちの上達の速さ、ちょっとドヤ感だしてるエルフたちに与一の対抗心と負けず嫌い精神に火が!的の真ん中への連射弓が始まってしまったぁ


負けてらんない


ふんっ


わかりましたもうわかりました

なんか知りませんがすいませんごめんなさいすいません

もう充分わかりました 1番です、あなたが1番です

矢がもったいないですからやめてーーーー

人を戦にかりたて、士気を高める豊久の言葉が心に響く

嫌々戦うのと自らの意志で戦うのでは戦闘能力に大きな差が出る。乱世の武将に必要な能力、人を戦に駆り立て士気をあげる力をもっている豊久の言葉がめちゃくちゃかっこいいし心に響いた!


女房子供を取り返せ! それで初めて、畜生でなくなる!!おまえたちを 畜生に落とした奴ばらめの首ば獲れ!この世に正と邪があるならばこれは正ぞ。たとへ死んだとてあの世で父祖にこう言える、戦って死んだと、家族を守ろうと死んだと、


女房を取り返せ!子を取り返せ!国を取り返せ!己を取り返せ!

臭すぎる戦場。ついた糞は洗えません!


糞だ!矢に糞が塗ってあるぞ

水だ 水で洗え、破傷風になるぞ

なぜ井戸に糞をほおりこんでいたのか疑問でしたが糞弓攻撃で負傷した兵が傷口を洗わせないための作戦だったとは…この戦場は臭すぎる!

豊久の猿狂雄叫び「オオオオォォォォ」

兵士たちが一瞬立ち止まってしまうほどの豊久の雄叫びすげぇ


オオオオォォォォォォ


信長「なんつう声だ まるで猿狂じゃ あれが人の声かあ?

絶好の時に大将首をとる豊久がかっこよすぎる

雄叫びをあげ相手を一瞬ひるませ下級兵には目もくれず大将のみをロックオンして走り抜け首を取る豊久がかっこよすぎ!

大将首、もらってくっど…オイの手柄ちなってくれりゃあ…、のう!」


とったど!

信長たちの糞作戦を見て義経のことを思い出した与一

卑怯な作戦をとっていた義経のことを思い出した与一。歴史のこと詳しくありませんが与一と義経は共に行動してたんですね。こんな因縁があるのならば義経は廃棄物側について与一と戦うことになりそう

まるであの人だ…こんな…こんなこと


卑怯?もののふの道?卑怯って何?合戦に卑怯も武士道もないでしょ。あまっちょろいなあ与一は。平氏も源氏も鎌倉のバカ兄上も甘っちょろいやつばっかりだ。おまえは黙って僕のいうことやってりゃいいんだよ

信長の声のトーンと表情のギャップがありすぎる「火薬として転生させてやるゆえ」

信長の言ってることと表情が怖すぎる!にもかかわらず声のトーンはいつも通り。信長怖すぎ!

兵たちは?儂の…儂の兵たちは?

信長「ああ、それはかわいそうだがな死んだし、残りは与一らに森の中追い回されとる


まあ、安心せい。最後はおまえらも一緒になかよく土と糞とよく混ぜ合わせてみんなみんな立派な火薬として転生させてやるゆえ、ハッハッハッハハハハ

豊久がブチ切れ「こん城のやつらは糞じゃ!」


刀捨てておる。ころすは戦のはっとじゃ、くだり首は恥じゃ!


オイが間違っとった…こん城のやつばらどもは糞じゃ!


撫で斬りぞ…根斬りぞ…こん城の兵共はみなごろしじゃ!

1年に1回の子作り期間のみ隔離しているだけと思いきや扉を開けたら胸糞悪くなる光景が…

刀捨てた相手はころすなと敵に対して情けをかけていた豊久がプッツンきて撫で切り、値切りという恐ろしい言葉を放つ。怖すぎるがなんか気持ちいい…次週みなごろしスタートですかね…

Pocket









【このすば】かわいいイラストとまとめ記事


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*